水素水 効果なし セブンウォーター

水素水 効果なし セブンウォーター

hatena

 

水素水は効果なしですとかニセ科学と色々な情報が散乱していますが、そんな中人気がジワジワと上がってきている水素水がセブンウォーターです。

 

水素水は効果なしと言われているのになぜセブンウォーターはドンドンと人気がでているのでしょうか。セブンウォーターも効果なしなのでしょうか?

 

まず水素水が効果なしと言われている理由としては、いくつかあると思いますが医薬品として認可されていないってことが大きな要因の一つではないかと思います。

 

水素水は健康や美容に良い。病気を治すこともあるだなんて言われているのに、医薬品として認可されていないなら医学として認められていないじゃないか!って思いますよね。

 

元々水素水が健康や美容に良いとテレビや新聞で報道され始めたのは、2007年のことです。

 

この年に日本医科大学の元々はミトコンドリアの研究をしていた太田教授の水素の論文が医学誌ネイチャーメディシンに掲載されたことがきっかけです。

 

その後、世界でも水素の研究論文が発表されていきました。

 

現在では医療の現場でも使用されているところも多くなってきた水素治療ですが、現時点では医薬品として認可されていないのです。

 

つまり薬事法の関係で効果効能を謳うことはできません。効果ありと言えないのであればそれは効果なしだと思ってしまうってことにより水素水は効果なしって騒がれたりしています。

 

でも私はこの水素研究をされている太田教授の書籍「水素水とサビない身体」やその他の書籍も何冊か読み、水素水の効果がすごく気になり飲み始めました。

 

色々な水素水を飲みましたが一番自分にあった水素水だったのがクオシアのセブンウォーターです。

 

書籍に書いてあったのですが、水素水の選び方としては0.8ppm以上の水素水を選ぶのが好ましいと書いてありました。

 

現在主流となっているアルミパウチ水素水の場合、平均して1.6ppm前後ですが、水素が宇宙で一番小さい分子で容器から抜けてしまう性質があります。

 

アルミパウチは水素を逃がしにくいとされているので、水素水の主流な容器となっていますが、それでも厳密には時間の経過と共に抜けてしまいます。

 

平均して1.6ppmのアルミパウチ水素水ですが、時間の経過と共に抜けていってしまった場合、自分が飲む時に水素が入っているのか不安になりますよね。

 

そういったことで自宅で簡単に作って飲むことができる水素水、セブンウォーターが私は一番安心できるので選びました。